文化・芸術 茶道教室

日本の伝統文化を体験しよう

講座No.
(1)RJ25・(2)RJ26
日時
 
2017年11月11日(土)
(1)午前の部 10:00〜11:30 (2)午後の部 13:00〜14:30
集合時間
(1)(2)とも、開始10分前
集合場所
龍谷大学深草町家キャンパス(京都市伏見区深草直違橋6-303)

気軽にお茶を楽しもう

日本で茶道が完成したのは今から420年以上前のこと。茶人では千利休が有名ですが、茶道にはこれまで様々な流派が生まれてきました。
この茶道教室では「藪内流」の作法でお茶の点て方から飲み方までやさしく指導します。日本の伝統文化である茶道の礼儀作法を学びましょう。

何をするの?

  • 茶道の作法を知ろう。
  • お茶を味わおう。
  • 自分でお茶を点てよう。

先生はこの人!

龍谷大学学友会学術文化局 茶道部釣寂会(ちょうじゃくかい)

1951(昭和26)年創部。藪内流の茶道を通じて自己を見つめ、文化を学び、礼節を知ることを目的に活動しています。モットーは「誰もが楽しめるお茶を」。

受講対象
小学生(全学年)
定員
各回20人
受講料(税込)
860円(材料費等を含む)
服装
正座がしやすい服装
実施場所

深草町家キャンパス
京都市伏見区深草直違橋6-303
京阪本線「深草」駅から徒歩約10分
京阪本線「藤森」駅から徒歩約5分
※駐車場、駐輪場はありません。
※最寄り駅は京阪「藤森」駅になります。

メモ

保護者の方は教室後方で参観していただけます。
この講座では、お茶会の体験として実際に抹茶を飲んでいただくとともにお菓子を食べていただきます。お菓子には、卵・小麦などが含まれる場合があります。

受講者の声・保護者の声

  • お茶のたてかたが、よくわかりました。楽しかったです。
  • 楽しそうに参加していて、興味が深まったようでした。正座をすることもほとんどないのでよい体験になりました。
▲このページのはじめへ
パンフレットダウンロード 資料請求 ロンくんロンちゃん誕生ヒストリー

ジュニアキャンパススペシャルコンテンツ

りゅうこくのほんだな