自然・環境 親戚や祖先の「あたま」の模型を作ろう

講座No.
RJ12
日時
2017年7月25日(火)13:00~16:00
集合時間
12:50
集合場所
深草キャンパス 学友会館2階

人類の進化を知ろう

イヌやネコは同じ祖先から進化した人(ヒト)の親戚だけど、もっと近い親戚はサルやゴリラ。チンパンジーはたった800万年前にヒトと分かれたばかりの一番近い親戚です。
ヒトの進化を知るために、近い親戚や遠い親戚たちの標本・ふるい祖先や新しい祖先の模型を見てさわって「あたま」を作ってみよう。

何をするの?

  • 本物の骨標本や祖先たちの模型をさわってみよう。
  • ヒトの親戚について知ろう。
  • ヒトの祖先について知ろう。
  • ヒトの祖先や親戚たちの「あたま」を紙粘土で作ろう。

先生はこの人!

好廣 眞一(よしひろ・しんいち) 龍谷大学名誉教授

京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得。専門は霊長類生態学。大学では「里山学」を教えています。

受講対象
小学生(全学年)
定員
35人
受講料(税込)
1,400円(材料費等を含む)
実施場所
学友会館2階
持ち物
 
350ml程度の小さいペットボトル(円形で底が広いものが望ましい)、飲み物、タオル
服装
汚れてもよい服装

メモ

紙ねんどを使って実際にあたまの模型を作りますので、補助が必要な方は、保護者の同伴をお願いします。

受講者の声・保護者の声

  • 人間の頭の骨は結構小さくて驚いた。
  • 先生のお話しが、分かりやすく、実物なども見せてもらえてとても面白かったです。
▲このページのはじめへ
パンフレットダウンロード 資料請求 ロンくんロンちゃん誕生ヒストリー

ジュニアキャンパススペシャルコンテンツ

りゅうこくのほんだな