最新情報

龍谷大学&滋賀県 人権啓発講演会「LGBTQを知る~先輩のライフストーリーから」を開催 【REC】

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2018年11月13日

11/12、瀬田キャンパスにて、滋賀県と龍谷大学の共催で、人権啓発講演会「LGBTQを知る~先輩のライフストーリーから」を開催しました。

冒頭、人権啓発を担当する宗教部の安食真城課長から挨拶があり、続いて、本学卒業生(2009年 大学院社会学研究科修了)で、本テーマの当事者でもある竹内 あすか氏に、家族とのやり取りや学校や会社で感じたことなどを含め、ご自身の経験を語っていただきました。講演終了後には、社会学部コミュニティマネジメント学科の田村公江教授からコメントがありました。

当日は、本学学生の他、一般の方にもお越しいただき、講演会終了後も、和やかな雰囲気の中で、意見交換がなされました。

<龍谷大学の取り組み>
本学では、「人権に関する基本方針」を策定し、本学に関わるすべての人が差別やハラスメントなどの人権侵害を受けることなく学び、働き、関わり合えるよう保障することを宣言しています。本方針のもと、性的指向や性自認などを理由とした差別や偏見を克服し、誰もが自分らしく安心して過ごすことができるキャンパスを実現するために、本学構成員一人ひとりがとるべき指針として、「性のあり方の多様性に関する基本指針」を策定しました。不断の学びと継続した啓発を通し、多様性を認めあう文化の創造に努めており、これらの取り組みにより、work with Prideが主催する「PRIDE指標2018」で最高評価の「ゴールド」を獲得しています()。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る