最新情報

農学部生が滋賀県知事を訪問し、株式会社ローソンとの連携プロジェクトについて説明しました【REC、農学部】

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2018年12月7日

12/6(木)、滋賀県公館にて、農学部食品栄養学科の伏木亨先生、植物生命科学科4年生の加藤 洋樹さん、食品栄養学科4年生の原田 歩実さんが、株式会社ローソン連携事業「新しいお米のカタチプロジェクト」について、滋賀県知事・三日月大造氏に説明しました。

また、同プロジェクトをきっかけに新商品として販売する「おにぎり」、「米粉を使ったロールケーキ」を、三日月大造滋賀県知事に試食していただきました。

三日月大造・滋賀県知事は、熱心にプロジェクトについて聞かれ、また「おにぎり」、「米粉を使ったロールケーキ」について、「お米もいろんな食べ方ができると、生産者も喜ぶ」と期待のコメントをされていました。

◆関連イベント
12月16日(日)「もっと食べよう近江米」フォーラム~地産地消に学ぶごはんのおいしさ大切さ ~

<内容>
・龍谷大学×ローソン 近江米「みずかがみ」を使った、おにぎり新商品発表
・対談① 龍谷大学農学部伏木亨教授×三日月大造滋賀県知事
・対談②龍谷大学農学部伏木亨教授×料理人の方
・新しいお米のカタチプロジェクト表彰式

詳細はこちら→ http://www.e-radio.co.jp/pg_news/okome/
応募フォーム→ http://www.e-radio.co.jp/omimai_forum/



◆「おにぎり」、「米粉を使ったロールケーキ」について

「おにぎり」は、「和風だし飯おにぎり」、「洋風ブイヨン飯おにぎり」の2種類。
「米粉を使ったロールケーキ」も含め、滋賀県内のローソンにて、12月17日(月)より販売されます。

上記イベントの【応募フォーム】よりお申し込みいただくと、発売前の新商品をご試食頂けます。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る