最新情報

2015年度 第2回REC BIZ-NET研究会「医療周辺分野のものづくり」を開催しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年5月26日

Wetlab株式会社 岡野仁夫氏による講演
理工学部機械システム工学科 田原大輔講師による講演
ポスター&サンプル展示交流会の様子

5月26日(火)、龍谷大学瀬田キャンパスRECホールにて、2015年度 第2回REC BIZ-NET研究会「医療周辺分野のものづくり」を開催しました。

研究会では、まずREC副センター長である外村佳伸教授(理工学部情報メディア学科)からの挨拶の後、大学・企業・金融機関のそれぞれから、テーマにそった以下の講演が行われました。

1「看護・介護支援機器開発への誘い」
 大阪大学大学院
  医学系研究科ロボティクス&デザイン看工融合共同研究講座
 教授  山田 憲嗣 氏

2「女性の骨盤底筋の評価とサポート下着の開発」
 滋賀医科大学 医学部看護学科 臨床看護学講座(母性看護学・助産学)
 准教授 岡山 久代 氏

3「外科手術トレーニング用人工臓器の開発」
 Wetlab株式会社
 代表取締役 岡野 仁夫 氏

4「外科手術トレーニング用新規模擬骨材料の力学特性評価」
 龍谷大学 理工学部 機械システム工学科
 講師 田原 大輔 氏

5 「医療分野における創業支援の取組みについて」
 京都信用金庫
 理事 滋賀本部長 丹波 寛志 氏


講演終了後には、RECホール内の別会場に移動し、講演内容に関するポスターやサンプルを展示しながら、情報交換・交流会を行いました。滋賀医科大学の岡山准教授からは骨盤底筋計測装置やサポート下着、Wetlab株式会社からは、外科手術トレーニング用人工臓器などが展示され、実際に見て触れることで、より活発な意見交換が行われ、有意義な機会となりました。

RECでは、本研究会にご参加いただきました皆さまとの出会いを大切にして、今後も活動を行ってまいります。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る