最新情報

自治体職員研修「みらいゼミ」2017のお試し企画(プレゼミ)を開催しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年4月15日

深尾准教授によるミニ講義
参加者同士の交流を目的としたアイスブレイク
それぞれの課題や知見を共有するワークショップ

「聴く」を重ねて政策課題の実像に近づき、政策を組み立てる政策力をつける。

自治体職員研修「みらいゼミ」は、本学の公共政策学研究者と現役の経験豊富な自治体職員によって開発された研修プログラムです。
このプログラムは、多様な主体と連携して地域課題の解決に取り組む力を特に「聴く力」に着目して伸ばす4カ月のプログラムで、2013年にスタートし、今回で5期目を迎えます。

今年度も「みらいゼミ」本ゼミの開講に先立ち、「みらいゼミ」の学びを実際の修了生と共に体験していただく無料の公開企画「プレゼミ」を開講しました。

当日は、7自治体から12名の方にご参加いただき、深尾昌峰政策学部准教授のミニ講義にはじまり土山希美枝政策学部教授によるアイスブレイク、参加者同士の課題や知見を共有するワークショップで大変盛り上がりました。

そして、いよいよ自治体職員研修「みらいゼミ」2017(本ゼミ)の参加者募集もスタートいたしました。詳細は添付のチラシをご覧ください。
多数の自治体職員の方の参加をお待ちしております。

申込期限:2017年5月17日(水)
※定員20名に達した場合、早期に募集を締め切る場合がございます。ご了承ください。

「みらいゼミ」2017参加者募集案内(ファイル形式pdf サイズ1,980kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る