最新情報

平成29年度新エネ大賞受賞式(2/14)及び受賞者プレゼンテーション(2/15)が執り行われました。【地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)】

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2018年2月26日

 去る2月14日(水)に東京ビッグサイトにおいて平成29年度新エネ大賞受賞式が執り行われました。本学を代表して地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)センター長の白石克孝氏(政策学部・教授、PS洲本株式会社代表取締役)、第2研究班ユニット3ユニット長の深尾昌峰氏(政策学部・准教授)が出席しました。

本事業が受賞したポイントはつぎの通りです。
・地域の産官学が連携していること
・ため池を利用した太陽光発電所を設置したこと
・当該事業で得た収益を、ため池の維持管理や地域振興などに活用する取り組みを実施していること
・地域内に数多くある農業用ため池の課題を太陽光発電事業と組み合わせることにより解決していること
・ため池ソ-ラーの拡大が期待できること

上記5点です。

また、2月15日(木)には、受賞者プレゼンテーションが開催され、多くの来場者に兵
庫県洲本市で実施している「産官学金民連携による地域貢献型ため池ソーラー発電事業」について紹介することができました。
受賞式の風景
左から審査委員長 内山洋司氏、LORCセンター長 白石克孝、洲本市中島明良氏、LORC
受賞者プレゼンテーション風景
プレゼンテーション提示資料

一般財団法人 新エネルギー財団

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る