最新情報

福祉フォーラム第15 回共生塾「地域で活躍する人材の育成について」を開催しました!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2018年1月13日

1 月13 日(土)に栗東駅前のコミュニティセンター大宝東にて、第15 回共生塾「地域で活躍する人材の育成について」を開催しました。今回の共生塾は、2017 年7 月に本学と包括協定を締結した滋賀県栗東市と共催で実施しました。
2017 年5 月25 日に国会を通過した「地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」により、今後の地域福祉のあり方が大きく変動していくと考えられており、実際に国が目指している「『我が事・丸ごと』地域共生社会」の内容を中心に、地域の方々と一緒に考えることができる場を提供しました。
今後の福祉全般では、地域住民の活動や民生委員・児童委員、保護司などの役割ととも
に、地域住民の主体的な取り組みが期待されています。一方、こうした中においても行政や福祉専門職の役割もきわめて重要であり、そうした関係者がいかに連携して進めていけるのかも重要なポイントです。そこで今回の共生塾では、社会学部 岡野 英一 氏が「『我が事・丸ごと』と栗東市の地域福祉」と題して講演し、その後、実際に栗東市で活躍する方々に活動の事例報告を行っていただきました。
当日はたくさんの方にお越しいただき、地域の皆様と、地域福祉のあり方について一緒に考える良い機会となりました。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る