龍谷大学では、教育と研究、エクステンション(普及)を大学の重要な使命として位置づけています。このエクステンション活動を中心的に担う拠点として、1991年に龍谷エクステンションセンター(通称「REC」レック)を開設しました。RECでは、設立当初からコミュニティ・アイデンティティー(地域をどう認識するか)を重要視しており、大学の持つ資源を地域に還元する活動にとどまらず、地域の人材や資源を大学に活かして、これを本学の教育や研究に活用した上で、その成果をさらに改めて地域に還元するこの双方向のサイクルを本学のエクステンション活動の基本理念としています。具体的な事業としては、地域住民への生涯学習の機会を提供するRECコミュニティカレッジによる生涯学習事業、先進的な研究施設や多彩な教員による地域社会や企業への研究開発・マネジメント支援といった産官学連携事業、大学の施設・設備を地域へ提供する施設開放事業、学生の起業家精神を支援する学生ベンチャー育成事業などの社会連携事業を展開しています。現在はREC滋賀(瀬田キャンパス)、REC京都(深草キャンパス)、REC東大阪(クリエイション・コア東大阪内)の3拠点体制でエクステンション活動に取り組んでいます。

龍谷エクステンションセンター(REC)における
産官学連携・地域連携・生涯学習各事業の推進方針について

龍谷大学の社会連携・社会貢献の基本姿勢を社会に発信するために、「本学における社会連携・社会貢献方針」を定めています。

龍谷エクステンションセンター(REC)は、その社会連携・社会貢献方針に基づき、RECの中心的活動である産官学連携・地域連携・生涯学習の各事業について、下記のとおり推進方針を掲げています。

産官学連携事業の推進方針

大学における学術研究に対して、産業界等の各種方面から、具体的な課題解決のために大きな期待が寄せられるようになってきた。

REC事業を通して社会的要請に対して積極的に応え、大学の持つ研究開発能力を積極的に活用して各種課題の解決に取り組み、研究成果や専門知識の社会還元・普及に努める。

地域連携事業の推進方針

地方分権の成熟に伴い、地域の独自性が発揮されてくることにより、各々の地域が抱える課題は多様化してきている。

地域が抱える諸問題の解決や地域の活性化に向けて、地方公共団体や地域住民とも連携しながら、本学が有する資源を地域社会へ提供することで地域社会に貢献していく。

生涯学習事業の推進方針

生涯学習時代を迎えて一般市民の学習意欲は高まり、これに伴い広く学習機会の提供が求められている。

長年培われてきた研究・教育の成果を、RECの生涯学習事業を通じて、一般市民が継続的かつ総合的に学ぶことができるよう、積極的に公開講座を提供していく。

このページのトップへ戻る